売春婦よばわりしてくれたことは一生忘れません

540 :名無しさん@HOME :2007/04/22(日) 11:31:19

「足腰立たなくなってから、気に染まないわたしみたいな嫁と同居なんかしたくないでしょう。
ましてや下の世話なんて絶対いやでしょう?
お偽母様はおわすれかもしれませんが、結婚式の前にわたしの親の前で
売春婦よばわりしてくれたことは一生忘れませんから。

うちが長男なんて言ったって今の民法では特別な権利も義務もないですよね。
昔はどれほどのお家柄だったかしりませんけど、すでに片鱗も残ってませんねえ。
山奥の一坪200円の土地と崩壊寸前の母屋なんか、土地の思い入れのない人間にはタダのゴミです。
大好きな末息子さんと、お気に入りの末息子嫁さんがいるんだから安心ですわね。
さんざん援助してさしあげたのですから、良い介護をしてくれることでしょうし」
と、にこやかに静かに笑顔を浮かべて(しかし目は笑っていない状態)
さんざんくいものにされてきたトメに言い放ってきました。
末弟夫婦は自分勝手な人たちで、他人を利用することばかりがうまいです。
無一文のトメを看るとは思えませんが、もう知りません。
わたしたちはもう十分な金銭的負担と無償奉仕を偽実家にしてきました。
もうわたしは一生分以上の面倒はみました。
トメは赤鬼みたいな顔になってわなわな震えながらふじこってました。
次にお会いするのは葬式のときかな?
エネ夫は「親の面倒を看ないのなら離婚だ!」とか叫んでいましたが、
娘達から「実の子どもはおとうさんなんだから自分で看れば?
もう退職したんだからヒマありまくりじゃん。

自分でできないことを他人であるおかあさんに言うのは筋違いなんじゃないの?
離婚になるなら、もうおかあさんの面倒くらいわたしたちでみられるし。
おかあさんいなくなった困るのはおとうさんだと思うけどね。」
と反撃くらって黙ってしまいました。
次は馬鹿親の世話を当然のような顔して押しつけて感謝のひとつもなかった
産業廃棄物夫に、退職祝として緑の紙をプレゼントしようか思案中です。





628 :名無しさん@HOME :2007/04/24(火) 11:17:53

540です。
みなさん、たくさんのお言葉ありがとうございます。
一応わたしもパートで仕事に出ておりますし、
雇い主からはできればフルタイムで出て欲しいとも言われています。
ですから離婚となりましたら、娘達に頼らなくても自分一人くらいは
なんとか食べていけますから今のところは大丈夫です。
わたしがはらを決めたがわかったからなのでしょうか、
あれ以来夫は自分の母親のことについてひと言も触れません。
「さて、離縁の件はどうなったんでしょうかね。」とこちらから話しますと、
たばこを買いに行くからと、夫は先ほど家を出て行きました。
トメは現在次男の家に一時滞在しているようです。

末弟夫婦は「母屋を立てて自分が母親を迎える」なんてふかしてるようですけど、
今回も空手形で、結局のところ親をひきとらない言い訳なんじゃないかなと思います。
(夫と親族の電話のやりとりを遠くから聞いた)
次男嫁はたいへんに気の強い人で、
その昔わがままを言うトメと取っ組み合いになって
トメをボコ殴りして病院送り寸前にしたという武勇伝の持ち主です。
トメは今頃さぞや快適な同居生活でしょう。(笑)
離婚の準備を整えるために荷物の整理などしながら、
しばらくことのなりゆきを静観してみることにします。




631 :名無しさん@HOME :2007/04/24(火) 11:44:40

応援ありがとうございます。
628です。
×母屋を立てて自分が母親を迎える
○母屋を建て替えて自分が母親を迎える
誤字脱字すみません。
インスタントラーメンすら自分で作れず、
ただ家出ごろごろしている産業廃棄物夫と一日中顔をつきあわせている生活が
こんなに不愉快だとは思いませんでした。
離婚するかどうかは正直まだ決めかねていますけれど、
ともかく夫を見ていたくないので、仕事は増やして行こうかと思っています。

コメント入力